Blogブログ

vellgoのブログ。毎日更新中

【vellgo】と【jack】

no.738

 

 

 

 

 

まいどです

メンズ専門美容室 vellgo(ヴェルゴ)

オーナーでサーファーの髙木啓希です

髙木を知らない方は「こちら」

 

 

 

 

 

昨日の続き

 

セミナー会場に到着

 

タカラベルモント TB-SQUARE

 

 

 

 

タカラショールーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おしゃれなカット椅子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

綺麗なカット椅子がたくさんあって

参考になります

 

一通りショールームを見学してから

会場に入りました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

jackオーナー巨島誠さんのセミナー

「成功開業サロンオーナーに聞く大事なこと」

 

 

誠さんは

一緒に働いたことはないんですけど

 

同期が誠さんの下で働いてたし

「誠さんはヤバイ」

って話も聞いてたし

 

たまにLINEで相談もするし

ほんでぶっ飛んだアドバイスくれるし

説教もしてくださるし

 

高津理美容専門学校の先輩でもあり

サロンオーナーの先輩です

 

 

そんな誠さんの独立開業に関するセミナー

 

vellgoは元々僕の実家の散髪屋を

改造してできたサロンなので

物件探しとかなんもしてないんですよね

 

いわゆる「後継ぎ」です

 

設備が整ってる状態やったし

お客さんも何人かいましたし

正直、生活出来んくなるとかの危機感とかなかったんです

 

別に頑張っても頑張らんくても

生活はできてたんですよ

 

 

でもそれがかなりコンプレックスやったんです

 

「親がやってたから」

「後継ぎやから楽やん」

的な

 

 

セミナー前

 

 

 

 

 

 

 

なので

2年以内には親がやってた頃より

 

2倍近くは売り上げを上げる

 

人を雇う

 

利益が出たらさらに人を雇う

 

 

って目標を立ててやってたんです

僕なりに必死のパッチでやってたつもりやったんですけど

 

 

 

セミナー開始

 

 

 

 

 

 

 

 

セミナー聞いてると

 

自分の「ぬるさ」を痛感しました

 

 

誠さんのお店「jack」は

open当初はホームページなし

ホットペッパーもやってない

 

お店をやる上で絶対に必要な

「ご新規のお客さん」

の集客が

 

 

紹介のみ

 

 

あとはサロン周辺のゴミ掃除で仲良くなった方が来てくれたり

行きつけのアパレル店員さんが来てくれたり

 

まさに

 

人と人

 

の繋がりで経営されてる感じ

 

 

これってそんな簡単にできません

 

接客中はしゃべるけど

プライベートで(サロン外)でお客さんに会うと

知らんフリする理美容師さんが多いんです

 

プライベートはお客さんに会いたくない的な

は?アホちゃう?って感じですけど

 

 

そんな理美容師がスタイリストになっても

人と人

なんか絶対にできませんから

 

日頃から意識しまくってやっとできるかできんんかレベルです

 

 

初対面の人と喋るのが苦手

じゃあどうすんの?

苦手なままにすんの?

頑張らんの?

頑張らんのに休みは欲しいん?

頑張らんのにお金は欲しいん?

頑張らんのに残業はしたくないん?

 

 

もうそれは違う仕事した方がいいです

 

 

頑張らない人は

理美容師向いてません

 

 

頑張らない人は

オーナーになったらいけません

 

 

誠さんのセミナーは

こんなメッセージを感じました

 

 

自分で考えて

自分でやる

やり続ける

0から1を作れるようにならないと

 

 

 

 

左から長瀬先生、誠さん、我らが髙木

 

 

 

 

 

 

 

バチバチ気合い入りました

 

気合い入れ直します

今よりもっともっと

頭使って

足も使って

 

今後のvellgoのためにやりきります

 

 

 

誠さんのサロン

jackのHP

 

 

誠さんありがとうございました!

死に物狂いでやります!!!

 

 

 

最後のヘアショーは

立ち見続出で

全く見れませんでしたとさ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あざす

 

 

Follow me!

関連記事