仕事の意見に【何年目】とか関係ないです

 

no.632

 

 

 

 

まいどです

メンズヘア専門サロン vellgo(ヴェルゴ)

サーファー理容師 髙木啓希です

髙木を知らない方は

こちら→「髙木啓希という男」

 

 

 

 

 

 

いやー

 

昨日はいい感じの焼肉日和でした

 

 

 

嫁と子供が嫁の両親と

城崎温泉に出かけているので

 

 

一家の大黒柱の僕の晩御飯がなかったんです

 

 

これはあかん

「仕事に支障出る」

 

ってことで

スタッフのえいきを拉致って焼肉に行きました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタのストーリーから抜粋

 

 

 

うますぎ

 

 

焼肉 坊家(ボウヤ)

 

 

思いっきり肉を食べながら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタのストーリーから

 

 

 

やっぱり仕事の話

 

 

えいきは今年入社して7ヶ月ぐらいの

超ピチピチ理容師

 

毎日練習をしていろんな技術を身につけています

 

そんな時ってどんなことを考えてたやろ???

どんなこと考えて仕事してんの?

 

的な話をしたような気がします

 

 

まーまー飲んでたので

記憶が曖昧ですが恐らくこんな感じです

 

 

 

なんせ僕も人を雇い出して

 

まだ2年目

 

 

ペーペーもペーペーです

ドペーペーです

 

 

 

雇われ店長の時とは訳が違います

雇われてる時は

「お店のため、自分のため」

 

って感じで仕事してましたけど、

人を雇うようになると

 

「お店のため、働いてくれてるスタッフのため、お客さんのため」

 

 

なんか自分のためとかほぼ皆無です

 

お客さんが喜ぶためにはどうしたらいいかなー

どうしたらスタッフがおもろく働けるかなー

 

こんなことばっかり

 

 

 

なのでえいきとご飯食べてても

「仕事どんな感じ?」

 

みたいな

 

若い子の意見、考えをしっかり聞いとかないといけません

一人では何もできませんから

 

 

僕の考えと若い世代の考え

いい感じにすり合わせていかんとあきません

 

 

そのためにも

めっちゃ働いて、

 

いっぱいご飯に連れてってあげよう

 

 

 

 

 

ちょっと明日は京都に行くので

寝ます

 

あざす

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA