Blogブログ

vellgoのブログ。毎日更新中

妄想の話

no.584

 

 

 

 

 

直撃中です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きてます

 

かなりきてます

 

 

はたしてヴェルゴは吹き飛ばされずにすむのでしょうか

 

 

 

 

そんな台風の心配してもしょうがないので

 

 

数ある理美容室の中で

どうやって自分の店にご来店してもらうか?

 

について妄想してみます←?

 

 

 

 

 

まずお客さんはどうやってお店を探すのか???

 

 

・ネットを見て

・チラシを見て

・口コミで

・通りすがりで

 

 

ざっとこんなもんでしょうか

 

チラシ、口コミ、通りすがりはそのまんまですけど

 

 

ネットっていうても種類があります

 

・グーグルとかYahoo!で検索

・フェイスブック等のSNS

 

 

グーグルとかで検索するのって

目的があって調べるはず

 

例えば髪の毛切りに行きたかったら

「徳島 美容室」みたいな感じでワードを打ち込みます

 

↑こういう調べ方した人は髪の毛を切るのが目的です

 

 

検索サイトで調べる人は目的がちゃんとある

 

 

 

 

じゃあフェイスブックとかSNSは?

 

SNSで髪の毛切りに行こうかって調べませんけど

 

 

人の投稿を見て髪の毛切りに行こうと思いませんか?

ご飯食べに行くでもいいんですけど

 

 

これってリアルで言うところの

 

通りすがりなわけですよね

 

ネットの通りすがり

 

 

 

他にも

ネット広告なんていうのは言わずもなが

 

ネット上に出てくる広告ですし

 

 

 

SNSの投稿で

「このお店めっちゃいいオススメ」

とか言っちゃうとそれはもう

口コミ

 

ネットの口コミ

 

 

 

 

もうネットで集客に関するほとんどのことができちゃう

ってことは

 

 

 

 

ネットで自店をアピっていかんと終わっちゃいます

 

 

 

 

なのでまずはお店のウリをネットで発信します

お店の名前で覚えてもらうより

 

〇〇なお店って覚えてもらいたいから

 

 

「サーフィン好きな人がやってるメンズ専門ヘアサロン」

↑これがウリ

 

 

 

そしたらサーフィンやってる男の人はネットを見てる時に

通りすがりになる可能性が高いはず

 

あっ、これ俺のこと言うてる・・・ってなります

 

 

なんやったらサーフィンしてなくても

サーフ系の雰囲気が好きな人は気になるんちゃうかな?

 

↑って仮説を立てて発信します

 

 

 

 

ほんでうちに来てくれて気に入ってくれた人が

SNSで

「ヴェルゴ良かったー」

ってネットで口コミしてくれて

 

 

 

そこからジワジワお客さんが増えていくはずです

 

 

 

なので発信はやめられません

 

やり続けることに意味があります

 

 

 

筋トレと同じで

やめると元に戻ります

 

筋トレは筋肉なくなるだけですけど

 

 

発信をやめてしまうと

お店の存在が忘れられてしまいます

 

 

忘れられちゃうとお店は終わりです

 

 

 

頑張って発信しよう

 

 

 

数ある理美容室の中で

どうやって自分の店にご来店してもらうか?

↑これがテーマやったのに

 

 

めちゃめちゃ話それました

 

台風やからしゃあないかっ

 

 

 

明日明後日とおやすみいただきます

 

 

 

 

あざーす

 

 

 

Follow me!

関連記事